取引

取引に関わるリスク

FXは、短期間で大きな利益を上げる事が出来るという反面大きなリスクも抱えています。
そのリスクはどのようなものがあるでしょうか。
FX取引による投資を行うなら知っておきたいリスクを取り上げます。

為替の変動によるリスクがあります。
このリスクは、日々刻々と変化する為替レートにより、損失を出してしまうかのうせいがあります。
為替の変動により預けた証拠金率が極めて低くなり、設定されている証拠金率を下回り、ロスカットにより損失確定してしまうこともあります。
各国の通貨に対して投資できるわけですが、それぞれの金利政策、金融政策により、金利の変動によるリスクがあります。
買いの場合、売りの場合、通貨によりますが、スワップポイントが発生する場合があります。
スワップポイントを得る事が出来ていたものが当該国の政策により金利が変動することにより逆にスワップポイントを支払わないといけない状況になることもあります。

売買取引中においてのリスクです。
例えば要人発言や重要指標発表の直後などに市場が、その発表に大きく反応して、売買取引量が極端に多くなることがあります。
その際には、売値、買値の差であるスプレッドがシステム上大幅に大きくなり、取引の上で、不利になる場合があります。
また、市場の取引量が多くなることにより、スリッページが起きることにより、希望の価格での取引が出来ないということも考えられます。

流動性リスクがあります。
外国為替市場には値幅制限がありません。
主要国通貨を含め日本円も、高い流動性を示しています。
しかし、主要国での祝日や、主要国における市場が休場という場合にその時における取引、あるいは普段から流動性の低い通貨でのお取引は通常営業の時間であっても
市場の状況によっては、レートの提示が困難になる場合があります。

取引自体が成立しなくなる場合もあります。
意図しない大幅な値動きによって、取引機会を失うという事も考えられます。
また、大地震、大津波などの天災地変、紛争、政変、金融政策の変更、デフォルトの発生、などの特殊な状況下で取引が出来ないという事もあり得ます。

これら様々なリスクを承知、理解の上、投資活動を行ってください。