取引

ロスカットについて

FXとは外国為替証拠金取引です。
証拠金を入金することにより、本来、取引できる通貨単位を超えての取引が出来るわけです。
レバレッジをかけ、証拠金の25倍もの金額の取引が出来ます。
FXではこのレバレッジが、メリットでもあり、デメリットでもあります。
利益が出る時は大きく儲けを出す事が可能ですが逆に損失が出るときも大きく損失を被ることがあります。

損失が大きくなりすぎた場合に建玉を強制的に決済される機能をロスカットといいます。
ロスカットは、決まっている必要証拠金維持率を下回ったときに発動されるものです。
建玉を維持するためには、ある一定のパーセンテージの証拠金を口座に入れておかなければなりません。
ところが損失が大きくなると証拠金の割合が少なくなり、建玉を維持する事が出来なくなるのです。
ロスカットレベルの基準は取引会社によって異なりますが、20%~30%前後で設定しているところがほとんどです。
損失が大きくなりすぎて、投資家のためのセーフティネットともいえます。
もし、ロスカットという機能がなければ、損失が膨らみ続け、含み損を抱えたまま、証拠金自体の割合も極端に低くなり、口座の資産がマイナスになることも考えられます。
追加で証拠金を入れなければいけないという状況になります。

ではこのロスカットを未然に防ぐためにはどうすればよいのでしょうか。
最も効果的なのは、やはりレバレッジを低くすることです。
ある一定の証拠金に対して、取引量が格段に多い場合、建玉が多い場合には、証拠金維持率自体が当初から低いため、少しの損失でロスカットに近づいてしまいます。
多少の評価損、含み損を保有していても自分なりの投資を続けたいという人にとっては、近いうち、または将来含み損はなくなるぐらい値が戻ると予想していたりすると
ロスカットは、その投資計画を打ち崩すものとなります。
投資の途中段階で、建玉を決済されるとそこで損失確定したまま終了してしまいます。

どこまでの値動きで、どこまでの値幅で動くか分からないので、レバレッジは低く抑えましょう。