取引

ダイレクトトレード

FXは、市場を介す事なく、売り手と買い手が直接売買を行うダイレクトトレードです。
取引価格の決定は、当事者同士の合意によります。
取引を行う者同士が1対1の関係により通貨、数量、価格、期日を決めて売買を行う取引のことである。
一般に市場を介さない取引なので、FX取扱業者と投資家が直接取引をするということなのでダイレクトトレードの性質があるということです。

注文は金融機関に出すのですが、注文自体は取引市場で行われるというものです。
これを取引所取引といいまして、上場企業の株式投資などがその代表的な事例です。
この株式投資と比較して大きく違うFXはダイレクトトレードなのです。

FX取引は、難しい言葉でいうと差金決済取引といいまして、外国為替の現物を売買しているわけではありません。
インターバンク市場で取引されている為替レートから、店頭業者または取引所が為替レートを提示し投資家はそのレートで店頭業者または取引所と取引を行なうのです。
つまり投資家の取引相手は店頭業者か取引所というわけなのです。
株式取引ですと、証券取引所で一斉に株の売買が行なわれるわけですが、FXは取引方法が根本的に違うのです。

では、FX店頭取引と取引所取引には違いがあるのでしょうか?
現在は全く同じ税制でしたが、以前まではFXの店頭取引と取引所取引の税制が異なっていました。
実際の違いとしては、取引所取引での取引には取引手数料がかかります。
取引する分だけ手数料がかかってしまいます
投資家にはコスト面で不利になることが考えられます。

他に主な違いとしましては、スワップポイントです。
店頭取引では、受取りと支払いの価格差があります。
しかし取引所取引でのスワップポイントは、受取りと支払いの差がないことが多いです。
買いスワップと売りスワップが同額になっています。

FXとは、株式市場と比較してダイレクトトレードなので市場を介さずに出来るより、クリアな取引というとになります。