取引

安心の全額信託保全

FX業者を選ぶときのポイントの一つとして、預けた資産が守られるかどうかを挙げられます。
FXの投資家として、安心なのは、預けた証拠金、または、口座の資産が全額信託保全であることです。
全額信託保全をしているFX業者であれば、万が一そのFX業者が破たんした場合にも資産を失う事もありません。
そんな全額信託保全をしていないFX業者に預けてはいけません。

このご時世に倒産しないと言い切れる会社など見つける事は大変困難ですので、FX業者自身で、大丈夫と訴えていても、それはあてになりません。
しっかりと見極めましょう。

過去にFX業者の破たんにより、投資家の預けている証拠金が戻ってこない事がありました。
これにより、金融商品取引業者は、顧客の資産と業者自身の資産を分別管理することが義務付けられるという法整備がなされました。
さらに信託保全を義務付ける法律も施行されました。
金融商品取引業者に義務付けられている資産の分別管理とは、顧客の資産である証拠金とスワップ金利についてFX業者の資産とは別々に管理することです。

信託保全とは顧客から預かった資金を、FX業者の口座ではない分離して預けて管理することです。
信託銀行に預けるという表示をしているFX業者はよくみかけます。
このように信託銀行に全額信託保全し、顧客の資産を守る事が重要なのです。
では、万が一信託銀行が破たんした場合はどうなるのでしょうか。
その場合でも大丈夫です。
信託管財人を通じて、ちゃんと顧客に返還されるという仕組みになっています。

具体的に信託保全する対象物は、顧客から預かっている未使用預り金および受入証拠金、実現損益、評価損益およびスワップポイント等です。
外貨建資産については、外国為替レートで円換算した相当額を信託します。

信託保全の対象金額について、毎営業日ごとに、日々計算を行い、資産額を確定します。
この確定金額を上回るよう信託の設定を行い、万が一の場合にも顧客の資産が返還されるようにします。
日々計算を行い、資産額を確定するところがポイントです。
売買取引により利益、スワップポイントも変動していくので、それを出来るだけタイムリーに反映してくれる方が顧客にとっては良いということになります。